わたしのひだりめせかい

わたし時間の あれやこれやを ごゆるっと

おとんありがとう

a0303857_2257581.jpg


「いつものお父さんじゃないから、早く帰ってきて」
そんな連絡をもらっても、すぐ帰る気になれませんでした。
それから2日後、5月20日「大至急」に変わり、お嬢とともに帰阪。

病院のベッドには、まるで心臓だけが動いているようなおとんが待っていました。
私達だとわかった?顔で迎えてくれたおとん。
もう長くないんやなぁ、と急に怖くなったのを思い出します。

身内が集まると不思議と穏やかになり、しかし夕方にひとり、ふたりと帰っていくと
大きな呼吸を3回ほどして、す~っと旅立っていきました。

人が息を引き取るのを目の前で見たのは初めてで
おとんの最期は、とてもあっけないものでした。

お葬式も四十九日も納骨も初盆も
いろんな儀式を過ごしたけれど、ひとごとみたいで。

約4年前大きなケガをして、もう元のおとんに戻らないのだと悟った時に
私の中のおとん時計は止まってしまいまして
死に直面しても、思っていたよりも冷静でした。
というか、やっぱり受け入れられていない気もしています。

お葬式の日
親戚のおばちゃんが、おとんの棺に駆け寄り
「まさちゃん、飴ちゃん持って行き」と、大阪のおばちゃんのアイテムをゴソゴソと入れてくれました。
ほんわか、ほのぼのとした空気が流れたお葬式でした。
にぎやかで、楽しいことが好きなおとんだったので
想像以上にたくさんの方が参列くださり、おとんも喜んだことかと。

このブログで、ちょこっとおとんネタを書いておりましたので
会ったことないけど知ってる!と、身近に感じてくれてたひとも多くて
なので、やっぱりお知らせしておこうと、ようやくブログに書きました。
みなさま、おとんへのたくさんの愛をありがとうございました。

____________________________
[PR]
Commented by tabineko-hanzou at 2016-08-29 18:12
6月にmacさんの誕生日や命日の記事も無かったので
きっと おとんさんが天国へ召されたのだろうと感じていました。

何と書いたら良いかわかりません・・・
何年もにわたって、おとんさんやおかんさん、noriworks ファミリーの様子を垣間見させてもらっているようで、いつも温かい気持ちになりました。
おとんさんも、本当にありがとうござました。
心より おとんさんのご冥福をお祈り致します。




Commented by noriworksora at 2016-08-30 23:43
∞tabineko ちゃん
ありがとう~
さすが、何か伝わってたのかな、何やらブログにふれる気にならなくてね

おかんが仏壇の前で泣いているのがとても辛かったなぁ
遺影がとてもナチュラルに笑いかけるような、話しかけるような顔なので、余計に泣けるらしく…

私はmacさんの時みたいに悲しみがこみあげなくて、冷たい娘ですわ
Commented by AKI at 2016-09-03 00:55 x
私ももしかして…と心配してたの。
私もご家族を身近に感じさせていただいていたので お父さんが種撒いた時にカラスに立札立ててた事や
本当に色々な事が懐かしく微笑ましく思い出されます。心からご冥福をお祈りしてます。
落ち着いたら声かけて?色んな積もったお話伺わせてね。
Commented by noriworksora at 2016-09-08 22:13
∞AKIちゃん
なんやろね、このテレパシーな感じ笑
あった!あった!立札ね!懐かしい~
そして私よりも覚えててもらって、おとんは幸せですな。
全然、落ち着いておりますのよ姉さん、anytime!とも言えないけど、だいたい空いてるから~
Commented by kaori at 2016-09-21 11:24 x
親を亡くすって
辛いんだよね
時間しか解決してくれないけど
時間が解決してくれます。
焦らずゆっくりね
気が向いたら お店寄って~
Commented by noriworksora at 2016-09-24 23:48
∞kaoriちゃん
そんなでお店に行けてなくって…
またぼちぼちと寄らせてもらいます~

でもね、悲しい話やけどmacさんの時のほうが辛い
Commented by Kaori at 2016-09-25 10:57 x
同じだ(笑)

どっちのお父さんも 苦笑いしてるね
by noriworksora | 2016-08-27 23:36 | family | Comments(7)